12倍速く、限界に挑む
K1 Maxは、20000mm/s²の加速度に基づき、わずか0.03秒で600mm/s*に達します。 1台のK1 Maxは、複数の3Dプリンターの生産性に匹敵することができます。
K1 Max: 600mm/s
通常の3Dプリンター: 50mm/s

* 標準速度は300mm/s。移動速度は800mm/s。
* 600mm/sの速度は、Creality Labにおいて、レイヤー高さ0.1mmの表面モードで達成されたものです。
スピードを追求した軽快なセットアップ

K1 Max は、動きの慣性を低減するために、軽快な Core XY と 190g の軽量プリントヘッドを組み合わせており、機敏で迅速です。

ノズル最大流量32mm³/s

K1 Max は、動きの慣性を低減するために、軽快な Core XY と 190g の軽量プリントヘッドを組み合わせており、機敏で迅速です。

立体モデルの造形を瞬間に

立体モデルの造形を瞬間に


デュアル冷却ファンを搭載


デュアル冷却ファンを搭載

プリントヘッド上の大型循環ファンがモデルを直接冷却します。チャンバー内の 18W補助ファンも冷却効果を高めます。

プリントヘッド上の大型循環ファンがモデルを直接冷却します。チャンバー内の 18W補助ファンも冷却効果を高めます。


糸引きや歪みが発生する前に、モデルを固化させる。
これにより、サポートのないブリッジやオーバーハングの造形が可能になる。


糸引きや歪みが発生する前に、モデルを固化させる。
これにより、サポートのないブリッジやオーバーハングの造形が可能になる。


スピード遺伝子を持つ「Creality Print 4.3」


スピード遺伝子を持つ「Creality Print 4.3」

最新の自社開発スライサー Creality Print 4.3 には豊富なプリセットが含まれており、
スライス プロセスを 3 つのシンプルなステージに合理化します。
さらに良いことに、可変の線幅や円弧パスなどにより高速印刷を実現します。

最新の自社開発スライサー Creality Print 4.3 には豊富なプリセットが含まれており、
スライス プロセスを 3 つのシンプルなステージに合理化します。
さらに良いことに、可変の線幅や円弧パスなどにより高速印刷を実現します。


大容量、スペースを有効活用


大容量、スペースを有効活用

K1 Maxは、ラピッドプロトタイピングやデザイン検証に最適な300x300x300mmの大きな造形サイズを誇ります。また、25.5%という高い空間利用率を実現しています。
K1 Max は、このクラスで最もサイズ効率の高いFDM 3D プリンタです。

K1 Maxは、ラピッドプロトタイピングやデザイン検証に最適な300x300x300mmの大きな造形サイズを誇ります。また、25.5%という高い空間利用率を実現しています。
K1 Max は、このクラスで最もサイズ効率の高いFDM 3D プリンタです。


AI LiDARを標準搭載


AI LiDARを標準搭載

最初のレイヤーがまだ心配?K1 MaxのAI LiDARにお任せください。
1μmの解像度のAI LiDARが、最初のレイヤーを検知します。エラーが発生した場合、印刷は一時停止され、ただちに報告します。

最初のレイヤーがまだ心配?K1 MaxのAI LiDARにお任せください。
1μmの解像度のAI LiDARが、最初のレイヤーを検知します。エラーが発生した場合、印刷は一時停止され、ただちに報告します。